船と並走するカツオドリ

今まで長々とトカラ列島および奄美大島で出会った鳥たちにお付き合いいただきありがとうございました。シリーズの最後に、トカラ航路で出会ったカツオドリをご紹介します。

カツオドリ(Brown booby)はインド洋、南大西洋、太平洋西部および中東部、カリブ海に分布し、日本では亜種カツオドリが仲御神島、伊豆諸島、硫黄列島、小笠原諸島、草垣群島、尖閣諸島などで繁殖しています。

島が近づくと船と並走して飛んでいたカツオドリのオス。オスは顔の裸出部が青色であることから識別することができます。

カツオドり1

カツオドリは船が航行する際、驚いて飛び出すトビウオを狙っているようで、航海中、島周辺の海域では船と並走して飛んでいました・・・

カツオドリ2

カツオドリ3

カツオドリ4

カツオドリ5

カツオドリ7

こちらは顔の裸出部が黄白色のメス。オス同様、船に並走して飛んでいましたが、あまりに近すぎてファインダーからはみ出してしまいます・・・

カツオドリ10

カツオドリ11

カツオドり12

カツオドリ13

今日はトカラ航路で出会ったカツオドリをご紹介しましたが、和名の由来はカツオなどの大型魚類に追われて海面付近に上がってきた小魚を狙って集まる事から、漁師からカツオなどの魚群を知らせる鳥とみなされた事から、一方、英名のbooby(間抜けの意味)は陸上でぎこちなく歩く姿や、まるで警戒心のない様子から名付けられたと言われ、ゴルフの「ブービー」の由来ともなっています。
なお、蛇足ですが、ゴルフではbooby(カツオドリ)以外にもbirdie(小鳥)、eagle(ワシ)、albatross(アホウドリ)など、鳥に関連した名前が使われていますが、birdieは「鳥のごとくよく飛んだショット」と言ったのが始まりのようで、また「bird」にはアメリカで「素晴らしい・優れた」という意味があり、どうやらこれが元になっていろいろな鳥の名前が使われたというのが有力な説のようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる