チゴモズ、亜種シマアカモズ

舳倉島シリーズの続きで、今日はチゴモズと亜種シマアカモズをご紹介します。

最初は早朝目にしたチゴモズです。

チゴモズ(Tiger shrike )は夏季はユーラシア大陸北東部や日本で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部や東南アジアに渡り越冬。日本では数少ない夏鳥として本州中部から北部にかけて渡来しますが、分布は限局的で、近年個体数は激減しているようです。また、渡りの時期には日本海側の島嶼を通過することが知られています。

渡りの途中、島に立ち寄ったチゴモズのメス。松の木の中にいて鮮明な画像ではありませんが、目先の眉斑が淡褐色で、脇に褐色の鱗模様があることからメスであることが分かります。なお、名前の由来ですが、和名は普通のモズより小さいことから「稚児」を、英名は虎のような斑紋があることから名付けられたようです。

チゴモズ1

チゴモズ2

チゴモズ4

次はチゴモズによく似た亜種シマアカモズです。

アカモズ(Brown shrike)はインド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、韓国、中国、台湾、北朝鮮、日本、ネパール、バングラデシュ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ラオス、ロシア東部などに分布し、日本では夏鳥として亜種アカモズが北海道、本州、四国で局地的に繁殖するほか、亜種シマアカモズが九州南部や南西諸島の一部で繁殖すると言われ、渡りの時期には日本海の島嶼、南西日本、南西諸島で多数通過するようです。また、南西諸島では特に多く、越冬個体も多いようです。

道路わきで休んでいた亜種シマアカモズのオス。亜種アカモズの上面が赤褐色なのに対し、亜種シマアカモズは前頂から後頸にかけて灰色で、背以下の上面は灰褐色、下面は橙褐色の羽毛で覆われています。

シマアカモズ3

シマアカモズ2

シマアカモズ1

今日は近年急速に数を減らしていると言われるチゴモズと、チゴモズによく似た亜種シマアカモズをご紹介しましたが、このようなモズの仲間が渡りの途中、同時期に見られる日本海の島嶼は実に魅力的なところと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる