オオミズナギドリ

舳倉島シリーズをご覧いただきありがとうございました。シリーズの最後に、今日は帰りの航路でたくさん目にしたオオミズナギドリをご紹介します。

オオミズナギドリ(Streaked shearwater)は西太平洋北部の温帯域でミズナギドリ科のうち唯一繁殖し、夏鳥として日本近海、黄海、台湾周辺の島嶼に分布し、日本では最もよく見られるミズナギドリです。

数羽の群で海上で休んでいましたが、船が近づくと一斉に飛び出しました・・・

オオミズナギドリ10

オオミズナギドリ11

英名のごとく頭部の白色と黒褐色のごま塩模様が特徴のオオミズナギドリですが、和名は日本産ミズナギドリ類では最大であることから名付けられています。

オオミズナギドリ12

オオミズナギドリ13

オオミズナギドリ14

オオミズナギドリ15

今日は帰りの航路で何度も目にしたオオミズナギドリをご紹介しましたが、このように海鳥を探しながら海を見つめていると、1時間半の船旅があっという間に過ぎていきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる