ソウゲンワシ

昨日の続きで、今日は草原を代表する猛禽、ソウゲンワシをご紹介します。

ソウゲンワシ(Steppe eagle)はロシア南西部、カザフスタン中部、中国北西部から北部、、モンゴルで繁殖し、冬はアフリカ南・東部、アラビア半島中部、パキスタン、インド、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー東部に渡り越冬。日本では過去に熊本県、岡山県で観察されているようです。

ソウゲンワシはあまり狩りを好まず、主に他の猛禽類の獲物を略奪したり、死肉を食べるスカベンジャーとして知られていますが、今回目にしたのも昨日までご紹介した牛の屍があった場所に近いところでした。

牛の屍があった場所近くの山頂に止まっていたソウゲンワシ。よく似たイヌワシに比べ、口角が眼の下よりもやや後方に達しているのが分かります。周りにいるのは同じく死肉を漁るワタリガラス。

ソウゲンワシ30

その後、飛び出し、上空で旋回を始めました・・・

ソウゲンワシ31

ソウゲンワシ32

ソウゲンワシ33

翼指が7枚確認できますが、これもソウゲンワシの特徴だそうです。

ソウゲンワシ34

ソウゲンワシ35

ソウゲンワシ36

今日は名前の通り開けた草原、サバンナなどに生息する大型の猛禽、ソウゲンワシをご紹介しましたが、同じ仲間のイヌワシなどと比べると、1日の大半を地面や岩場、電柱の上などで何もせず過ごすことが多い怠惰な鳥であるようです。でもこれも考えてみれば、彼らなりの棲み分けの一手段なのでしょうね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる