体の大きなトビを威嚇するヒメチョウゲンボウ

昨日に続き、今日は体の大きなトビを威嚇していたヒメチョウゲンボウ(Lesser kestrel)をご紹介します。

体長28~31cmと小さなヒメチョウゲンボウですが、何と体が倍以上もあるトビを威嚇して追いかけていました。

ヒメチョウゲンボウ11

ヒメチョウゲンボウ12

追いかけられると逃げる習性があるのか、こんな小さなヒメチョウゲンボウから必死に逃げていたトビ。

ヒメチョウゲンボウ13

ヒメチョウゲンボウ14

体の大きなトビを追い出したヒメチョウゲンボウ。何となく頼もしく見えます・・・

ヒメチョウゲンボウ15

ヒメチョウゲンボウ16

ヒメチョウゲンボウ17

今日は体の大きなトビを威嚇して追いかけていたヒメチョウゲンボウをご紹介しましたが、普通、小鳥が自分より大きな捕食者などに対し攻撃(モビング)するのは集団で行うことが多いのですが、今回目にしたのは1羽だけで行っていました。体の大小に関わらず、追いかけられると逃げるのは動物たちの習性なのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる