亜種ハイイロガン

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも稀な冬鳥として渡来する亜種ハイイロガンをご紹介します。

ハイイロガン(Greylag goose)はヨーロッパで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、ヨーロッパ西部へ渡り越冬する亜種キバシハイイロガンと、中国北部、モンゴル、ロシアで繁殖し、冬季になるとインド北部、中国へ南下し越冬する亜種ハイイロガンに分けられますが、日本には稀な冬鳥として亜種ハイイロガンが越冬のため飛来します。

湿地帯の水路で目にした亜種ハイイロガン。特徴であるピンクの嘴が確認できます。(亜種キバシハイイロガンは嘴が橙色)

ハイイロガン2

ハイイロガン3

ハイイロガン4

湖のほとりで佇んでいた亜種ハイイロガン。嘴の色と同じく足もピンク色です。

ハイイロガン5

ハイイロガン6

ハイイロガン7

ハイイロガン8

ハイイロガン9

やがて沖に向かって泳ぎだしました・・・

ハイイロガン10

こちらは湖の上空を飛翔する亜種ハイイロガン。

ハイイロガン11

ハイイロガン12

ハイイロガン13

昨年末インドで初めて目にした亜種ハイイロガンですが、その時は鳥までの距離があり鮮明な姿を見ることができませんでした。今回は幸いにも比較的近くで目にすることができ、その特徴であるピンクの嘴と足を確認することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる