シロビタイジョウビタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では迷鳥として過去2回しか記録のないシロビタイジョウビタキをご紹介します。

シロビタイジョウビタキ(Common redstart)はアフリカ北部からヨーロッパ、ロシア中南部、カザフスタン、モンゴルなどにかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ中部に渡り越冬。日本では迷鳥として石川県舳倉島で過去2回だけ記録があるようです。

モンゴル西部に位置するオラーンゴム近郊の疎林で目にしたシロビタイジョウビタキのオス。顔、喉は黒色で、額上部から眉斑部分は和名のように白色で、頭頂から背中、肩羽にかけては青灰色。胸以下の下面は橙褐色をしています。

シロビタイジョウビタキ5

シロビタイジョウビタキには普段見慣れたジョウビタキのような翼の白斑はありません。

シロビタイジョウビタキ6

このような仕草はジョウビタキと似ていますね・・・

シロビタイジョウビタキ4 border=

後ろから・・・

シロビタイジョウビタキ1

シロビタイジョウビタキ2

シロビタイジョウビタキ3

日本では迷鳥として過去2回しか記録がないシロビタイジョウビタキですが、英名からも分かるようにヨーロッパからロシア、モンゴルにかけては夏季ごく普通に見られるジョウビタキの仲間のようで、現地のガイドにとってはむしろ日本で普通に見られるジョウビタキのほうが珍しいようでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる