ズアオホオジロ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるズアオホオジロをご紹介します。

ズアオホオジロ(Ortolan bunting)はヨーロッパから中央アジアにかけて分布するホオジロの仲間で、日本では迷鳥として舳倉島、徳之島、久米島、埼玉県でのみ記録があるという珍鳥です。和名はズアオとなっていますが、実際のオスの頭部から胸にかけての色は緑灰褐色をしており、淡黄色のアイリングが印象的です。

モンゴル西部の牛舎で目にしたズアオホオジロのオス。淡黄色のアイリングが可愛いですね・・・

ズアオホオジロ1

牛舎には虫が多いためか、スズメと一緒になって小虫類などを食べているようでした・・・

ズアオホオジロ2

背から腰にかけては明瞭な黒褐色の縦斑があります。よく似たイワバホオジロは頭部から胸にかけては青灰色で、アイリングは白色。見た目にはよく似ていますが、背から腰にかけては不明瞭な淡黒褐色の斑がある点が異なります。

ズアオホオジロ4

ズアオホオジロ6

ズアオホオジロ7

ズアオホオジロ9

ズアオホオジロ10

ズアオホオジロ11

こちらはモンゴル西部の疎林で目にしたズアオホオジロ。

ズアオホオジロ12

今日は日本では4回しか記録のないズアオホオジロをご紹介しましたが、このズアオホオジロは、フランスでは昔からブランデーに漬けたあとに丸焼きにすると、頭から骨まで食べられる究極のグルメ料理になるということで乱獲されており、1981年に狩猟が禁止されました。さらに1999年からは処罰は最大で「禁固6カ月、罰金9000ユーロ」となっているようですが、それでも乱獲は止まらず、過去10年で30%減少しているとのことです。シマアオジなども中国で似たような話があり数が激減しているようですが、食に対する人間の欲望とは凄いですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる