イナダヨシキリ、ヒゲガラ

モンゴルシリーズの続きで、今日はモンゴル西部のオブス湖周辺の葦原で目にした何れも初見のイナダヨシキリとヒゲガラをご紹介します。

最初はイナダヨシキリです。

イナダヨシキリ(Paddyfield warbler)は中央アジア、イラン東部からモンゴル西部、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はパキスタン南部、インド中部、ネパールからミャンマー北部へ渡り越冬。日本では迷鳥として宮城県と舳倉島でのみ記録があるという珍鳥です。

葦原で目にしたイナダヨシキリ。最初見たときにはコヨシキリによく似ていると思いましたが、後で調べた結果、同じ仲間のイナダヨシキリであることが分かりました。コヨシキリに比べると、眉斑が細く、頭側線や過眼線は不明瞭です・・・

イナダヨシキリ12

喉を膨らませて鳴いていたイナダヨシキリ。

イナダヨシキリ3

体下面は白く、胸から脇、下尾筒はバフ色みを帯びています。(コヨシキリは体下面は淡褐色)

イナダヨシキリ11

イナダヨシキリ10

イナダヨシキリ9

近くで目にしたイナダヨシキリ。

イナダヨシキリ4

イナダヨシキリ5

イナダヨシキリ6

イナダヨシキリ7

イナダヨシキリ8

次はこちらも同じ葦原で目にしたヒゲガラです。

ヒゲガラ(Bearded reedling)はイギリス、南ヨーロッパおよび東ヨーロッパからウスリー川上流(ロシア、中国)に至るユーラシア大陸中緯度地域に局地的に分布する留鳥性の高い鳥で、日本では迷鳥として、山形県、新潟県、東京都、千葉県、島根県で記録があるだけという珍鳥です。ただし、本種は飼い鳥としても輸入されているため、かご抜けしたものが観察された可能性もあるようです。

葦の中から少しだけ姿を見せてくれたヒゲガラのオス。葦が邪魔をして全身が見えませんが、名前のごとく、目先から下に垂れ下がったヒゲ状の飾り羽を何とか確認することができます。(メスは頭部が淡褐色で顔の黒い斑紋はない)

ヒゲガラ1

図鑑等では嘴は黄色となっていますが、今回目にした個体は赤みがかった色をしていました・・・

ヒゲガラ2

今日はオブス湖周辺の葦原で目にした何れも初見のイナダヨシキリとヒゲガラをご紹介しましたが、まさかこのような場所で初見の鳥2種が見られるとは思ってもなく、何とも嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる