キマユムシクイ

モンゴルシリーズの続きで、今日は滞在中、何度も目にしたキマユムシクイをご紹介します。

キマユムシクイ(Yellow-browed warbler)はヒマラヤ山脈の北側の中国内陸部、中央アジア東部、ロシア東部などで繁殖し、冬季にはインド、東南アジアなどに渡り越冬。日本では旅鳥または数少ない冬鳥として、主に日本海側の島嶼や南西諸島に渡来しますが、本州、四国、九州では冬季の記録があり、近年越冬例も増えているようです。

疎林で目にしたキマユムシクイ。名前のように眉斑が淡黄白色で、大雨覆と中雨覆の先端が黄白色で2本の翼帯となって見えます。

キマユムシクイ4

次列風切基部が暗色であることもキマユムシクイの特徴です。

キマユムシクイ5

キマユムシクイ7

キマユムシクイ8

キマユムシクイ6

キマユムシクイ3

キマユムシクイ2

今日は滞在中、何度も目にしたキマユムシクイをご紹介しましたが、さすが繁殖地であるモンゴル、個体数は相当多いようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる