コノドジロムシクイ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では珍鳥のコノドジロムシクイをご紹介します。

コノドジロムシクイ(Lesser Whitethroat)はヨーロッパから中近東、中央アジア、ロシアのバイカル地方、モンゴル、中国北部で繁殖し、冬季はアフリカ北東部、アラビア南部、イラン、インドへ渡り越冬。日本では迷鳥として各地から記録があり、特に秋から冬の記録が多いようです。

ツアー最終日、ウランバートル市内の公園で目にした夏羽のコノドジロムシクイ。上面と尾が灰褐色で、体下面は褐色みを帯びた白色ですが、名前のように喉が白いのが特徴です。

コノドジロムシクイ1

動きが早く、なかなかじっとしてくれません・・・

コノドジロムシクイ2

コノドジロムシクイ3

コノドジロムシクイ4

コノドジロムシクイ5

コノドジロムシクイ6

昨年は南ゴビ砂漠のキャンプ地で初めて目にしたコノドジロムシクイですが、今回の訪問地では見ることができず、このまま見られないまま帰国になってしまうのかと思っていましたが、幸いにもツアー最終日の夕方、ようやくウランバートル市内の小さな公園で目にすることができ、嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる