コヒバリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は同じくヒバリ科の仲間、コヒバリをご紹介します。

コヒバリ(Asian Short-toed Lark)はロシア、トルコ、トルクメニスタン、カザフスタン、イラン、イラク、パキスタン、インド、ミャンマー、モンゴル、中国、北朝鮮、韓国、日本などに分布し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来します。

車で移動中、草原で目にしたコヒバリ。ヒメコウテンシにも似ていますが、嘴は短くて丸みがあり、三列風切は短く、初列風切の突出が長いのが特徴です。

コヒバリ5

コヒバリ6

糞にいる虫などを捕っているのでしょうか、コヒバリは放牧された牛の糞の近くにいることが多いようでした。ヒバリの仲間たちは普通は草の種などを食べることが多いと思いますが、雛などには栄養価の高い虫などを与えているのでしょうか?

コヒバリ1

コヒバリ2

コヒバリ3

コヒバリ4

今日は車で移動中、草原で目にしたコヒバリをご紹介しましたが、コヒバリは昨日ご紹介したコウテンシに比べると日本では比較的見やすい鳥といえますが、それでも関東近辺では滅多に見ることはできず、今回も会いたい鳥の一つでした。草原を車で移動中、遠くで飛び立つそれらしい鳥は何度か見ることができましたが、草原探鳥の最後になり、ようやく比較的近くでその姿をしっかり目にすることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる