夏羽のシラガホオジロ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するシラガホオジロをご紹介します。

シラガホオジロ(Pine bunting)はヒマラヤ山脈以北のユーラシア大陸で繁殖し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として、北海道、本州、九州で記録があり、特に日本海側の島嶼部では主に秋の渡りの時期に毎年観察されることで知られています。そんなシラガホオジロですが、繁殖地であるモンゴル、美しい夏羽の個体を見ることができました。

オラーンゴム郊外の疎林で目にした夏羽のシラガホオジロのオス。和名のごとく頭頂、頬、上胸が白く、眼先から眉斑、腮から喉は鮮やかな赤褐色をしています。

シラガホオジロ2

シラガホオジロ3

地面に降りたシラガホオジロ。体長約17cmと、日本で見られるホオジロ類では最大級であり、見るからに大きく見えます。

シラガホオジロ4

こちらはウランバートル郊外の疎林で目にしたシラガホオジロのオス。

シラガホオジロ8

シラガホオジロ7

こちらはオスの第1回夏羽でしょうか、まだ全体ににぶい色をしていました。

シラガホオジロ5

シラガホオジロ6

こちらは同じ場所にいたシラガホオジロのメス。ホオジロのメスにもよく似ていますが、顔は淡褐色で、過眼線、頬線、顎線は黒褐色。耳羽に小さい白斑があるのが特徴です。

シラガホオジロ11

シラガホオジロ12

シラガホオジロ13

日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するシラガホオジロですが、さすが繁殖地であるモンゴル、鮮やかな夏羽の個体をじっくり堪能することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる