シベリアジュリン、オオジュリン

モンゴルシリーズの続きで、今日はシベリアジュリンとオオジュリンをご紹介します。

最初はシベリアジュリンです。

シベリアジュリン(Pallas's reed bunting)はシベリア、モンゴル、カムチャツカ半島、中国北東部で繁殖し、冬季は朝鮮半島から中国東部に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として各地に渡来しますが、日本海側や九州に比較的多いようです。

オラーンゴム郊外で目にした夏羽のシベリアジュリンのオス。夏羽ではオオジュリンのオスにもよく似ていますが、体長14cmとやや小さく、体下面はより白っぽく、小雨覆は灰色、嘴は黒色(この写真では光線の関係で白っぽく見えます)で、嘴峰は直線的なのが特徴です。

シベリアジュリン5

シベリアジュリン6

こちらの写真では嘴は黒っぽく見えます・・・

シベリアジュリン1

シベリアジュリン2

シベリアジュリン3

シベリアジュリン4

次は日本でもお馴染みのオオジュリンです。

オオジュリン(Common reed bunting)は夏季はユーラシア大陸の中~高緯度地域で繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部へ南下し越冬。日本では亜種オオジュリンが留鳥または漂鳥として北海道、本州北部で繁殖し、冬季は本州以南に南下し越冬します。

オブス湖周辺の葦原で目にしたオオジュリンのメス。体長16cmとシベリアジュリンよりやや大きく、嘴は上下とも嘴峰は丸みを帯びた黒褐色で、会合線、下嘴は灰褐色みがあり、足が暗褐色であるのもオオジュリンの特徴です。

オオジュリン1

オオジュリン2

オオジュリン3

オオジュリン4

オオジュリン5

オオジュリン6

今日はシベリアジュリンとオオジュリンをご紹介しましたが、オオジュリンについては初夏の北海道で美しい夏羽のオスを見ることができますが、シベリアジュリンについては夏羽に出会うことは難しく、一度は鮮やかな夏羽を見たいと思っていました。今回はシベリアジュリンの繁殖地ということで美しい夏羽のオスに出会うことができ、ようやく永年の夢がかないました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる