夏羽のキガシラセキレイ

モンゴルシリーズの続きで、今日はキガシラセキレイをご紹介します。

キガシラセキレイ(Citrine wagtail)はロシア中西部、モンゴル、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季になるとインド、中国南部、インドシナ半島などへ南下し越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いほか、北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島、小笠原諸島などでも記録があるようです。

首都ウランバートル近郊の汚水処理場近くで目にしたキガシラセキレイ。頭部から体下面にかけて鮮やかな黄色の個体がオス。頭頂から背が灰色で、耳羽にも灰褐色の斑があるのがメスです。

キガシラセキレイ1

オスを大きくトリミングしてみました・・・

キガシラセキレイ2

こちらはモンゴル西部のオブス湖周辺の葦原で目にしたキガシラセキレイのオス。頭部から体下面にかけての黄色が実に鮮やかです・・・

キガシラセキレイ3


キガシラセキレイ4

キガシラセキレイ5

キガシラセキレイ6

キガシラセキレイ7

キガシラセキレイ8

キガシラセキレイ9

前回に続き、今回も目にすることのできたキガシラセキレイですが、さすが繁殖地であるモンゴル、夏羽の美しい個体をじっくり堪能することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる