オジロビタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日はオジロビタキをご紹介します。

オジロビタキ(Taiga flycatcher)はヨーロッパ東部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島までのユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖し、冬季はインドや東南アジア方面に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するもののその数は少ないようです。

モンゴル西部のオラーンゴム近郊の疎林で目にしたオジロビタキのオス。光線が強く白飛びしていますが、和名の由来ともなっている尾羽の外側の白色部分、橙色の喉、嘴が上下ともに黒色である点などを確認することができます。

オジロビタキ1

オジロビタキ2

こちらは地面近くにとまったオジロビタキ。こちらも陽炎が立って鮮明な画像ではありませんが、、やや汚れた感じの灰白色の下面が確認できます。

オジロビタキ3

オジロビタキ4

オジロビタキ5

こちらはウランバートル近郊の疎林で目にしたオジロビタキ。

オジロビタキ6

今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するオジロビタキをご紹介しましたが、従来、日本各地で記録のあるオジロビタキとされてきた個体の多くは実はニシオジロビタキ(日本鳥類目録改定第7版では検討種として扱われている)と言われており、そういう意味では今回出会ったオジロビタキは日本ではむしろ稀な種ということになります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる