ニシシジュウカラ(仮称)、亜種バイカルコガラ(仮称)

モンゴルシリーズの続きで、今日は何れも当地で見られたシジュウカラ科の鳥、2種をご紹介します。

最初は各地で目にしたニシシジュウカラ(仮称)とも言うべきシジュウカラです。

シジュウカラ(分離前の旧名)(Great tit:Parus major)はユーラシア中部・西部、北アフリカに生息するシジュウカラ科の鳥で、かっては日本や韓国を含む東アジア、ロシア極東に分布するシジュウカラ(Japanese tit:Parus minor )や、南アジア、東南アジア、西アジアの一部に分布するParus cinereusを含むシジュウカラから分離独立した3種のうちの1種です。そのため、まだ日本名は付けられていないようですが、日本などで見られるシジュウカラが腹部が白いのに対し、このユーラシア中部・西部、北アフリカに生息するGreat titは腹部が黄色いのが特徴です。

ウランバートル近郊の疎林で目にしたニシシジュウカラ(仮称)とも言うべきシジュウカラ。なお、このニシシジュウカラは中国西北部、モンゴル、シベリアなどに生息するParus major kapustini という亜種と思われます。

シジュウカラ2

シジュウカラ3

シジュウカラ4

シジュウカラ5

シジュウカラ6

シジュウカラ9

シジュウカラ10

次は同じくウランバートル近郊の疎林で目にした亜種バイカルコガラ(仮称)とも言うべきコガラの亜種です。

コガラ(Willow tit)はユーラシア大陸中緯度地域を中心に広くに分布し、日本では基亜種コガラ(Parus montanus restrictus)が九州以北の低山から亜高山の林に周年生息し、北海道では平地の林にも生息していますが、当地で見られたのはロシア東部から朝鮮半島にかけて分布するParus montanus baicalensisという亜種と思われます。

芽吹き始めたカラマツにやって来た亜種バイカルコガラ(仮称)。日本で見られるコガラに比べると尾羽が少し長いように感じられます。

コガラ5

コガラ6

コガラ7

コガラ2

コガラ3

コガラ8

コガラ4

今日は当地で見られたシジュウカラ科の鳥、2種をご紹介しましたが、彼らは何れも現時点では正式な和名が付けられていないようであり、厳密に区別するにはやはり学名で呼ぶしかないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる