クマゲラ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも人気のあるクマゲラをご紹介します。

クマゲラ(Black woodpecker)はヨーロッパ、イラン北部、トルコの一部、モンゴル北部、ロシア、中国北東部および南西部、、日本などに分布するキツツキの仲間で、日本では留鳥として北海道、青森県、秋田県、岩手県の平地から山地の森林に分布しています。そんなクマゲラですが、思いがけずここモンゴルでも目にすることができました。

ウランバートル近郊の森を探索中、突然やって来たクマゲラのオス。思わぬ出会いに緊張が走ります。

クマゲラ5

英名のごとく全身黒色で、額から後頭が赤く、嘴、虹彩は淡黄色です。また、和名の由来ですが、日本産キツツキでは最大種であることから、クマ(特大の意)の名が付けられたようです。

クマゲラ6

クマゲラ7

クマゲラ8

クマゲラ1

クマゲラ2

クマゲラ3

クマゲラ4

今日は思いがけずモンゴルで目にすることができたクマゲラをご紹介しましたが、クマゲラというと北海道のイメージが強かっただけに、大変嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる