モウコアカモズ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるモウコアカモズをご紹介します。

モウコアカモズ(‪Isabelline Shrike)は 中東からモンゴルにかけて繁殖し、アフリカ中部からアラビア半島南部、インド北西部で越冬。日本では迷鳥として舳倉島、宮崎県、沖縄島などで記録があるようです。

オラーンゴム郊外の草原地帯を車で移動しているとき目にしたモウコアカモズのオス。モズよりやや小型(体長17~19cm)で、オスは頭部から上面が灰褐色、腰から尾はやや赤褐色で、初列風切基部に白斑があり、過眼線が黒色なのが特徴です。

モウコアカモズ1

モウコアカモズ8

こちらは上面が淡い灰褐色で、眼先が淡褐色、過眼線がオスよりも薄く褐色がかったモウコアカモズのメス。

モウコアカモズ6

モウコアカモズ7

モウコアカモズ2

モウコアカモズ4

モウコアカモズ5

別の場所で目にしたメス。オスに比べると表情が優しいですね・・・

モウコアカモズ9

モウコアカモズ10

モウコアカモズ11

日本鳥類目録改訂第7 版で新たに追加されたモウコアカモズですが、分布域により4 亜種に分けられるそうで、日本にやってくるモウコアカモズ(かってオリイモズと呼ばれていた)については正式な報告がないため亜種不明となっています。今回、私たちがモンゴルで見たものは通称アカオモズと呼ばれていますが、果たして日本にやってくる亜種と同じなのでしょうか?研究成果が待たれるところです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる