ソリハシセイタカシギ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも大変人気のあるソリハシセイタカシギをご紹介します。

ソリハシセイタカシギ(Pied avocet)はヨーロッパ、中央アジア、アフリカ中南部で局地的に繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、インド西部、中国南部などに渡り越冬。日本へは稀な旅鳥または冬鳥として、干潟、海岸に近い湿地、河口、池などに渡来しますが、数は少なく1~2羽で飛来することが多いようです。

モンゴル西部のオブス湖に向かう途中の湿地で目にしたソリハシセイタカシギ。当地は繁殖地のようで、数羽が群れになって行動していました。

ソリハシセイタカシギ3

ソリハシセイタカシギの英名はイタリア語のavocetta(優雅な鳥)から来ているそうですが、特に飛翔時にはそんな言葉が似合いますね・・・

ソリハシセイタカシギ1

陸地の白いものは塩の結晶です。この辺り一帯は岩塩が多く、池や湖はほとんどが塩水です。

ソリハシセイタカシギ2

ソリハシセイタカシギ12

ソリハシセイタカシギ14

ソリハシセイタカシギ4

ソリハシセイタカシギ5

ソリハシセイタカシギ6

飛び上がると、青灰色の長い足がよく分かります・・・

ソリハシセイタカシギ7

ソリハシセイタカシギ8

ソリハシセイタカシギ9

ソリハシセイタカシギ11

日本では滅多に見ることができず、バーダー憧れの鳥となっているソリハシセイタカシギですが、さすが繁殖地であるモンゴル、何度もその美しい姿を目にすることができました。avocetという名に相応しいこの貴婦人のようなこの鳥は何度見ても飽きることがありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる