夏羽のセイタカシギ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのセイタカシギです。

セイタカシギ(Black-winged stilt)はヨーロッパ、アフリカ、中央アジア、アジア南部、オセアニア、北米南部から南米にかけて広く分布し、日本では亜種セイタカシギが旅鳥として渡来し、東京湾周辺では留鳥で、愛知県、三重県、沖縄島などでは繁殖例もあるようです。また、これとは別に、亜種オーストラリアセイタカシギが迷鳥として稀に渡来するようです。

そんなセイタカシギですが、モンゴルは繁殖地のようで、夏羽に換羽した亜種セイタカシギがウランバートル近郊の溜池の中州に姿を見せてくれました。右側の頭部が黒色の個体がオスで、左側の頭部が白っぽい個体がメスと思われます。

セイタカシギ2

ペアの様子から見ると、ひょっとするとここで営巣しているのかもしれません・・・

セイタカシギ1

中州に向かって低空を飛んできたセイタカシギ。黒い翼に、真っ白な下面、そして赤い足の対比が実に鮮やかです・・・

セイタカシギ3

セイタカシギ4

セイタカシギ5

セイタカシギ6

セイタカシギ7

今日は日本でもお馴染みのセイタカシギをご紹介しましたが、さすが繁殖地であるモンゴル、繁殖中と思われる夏羽の美しい個体を見ることができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる