夏羽のオグロシギ

モンゴルシリーズの続きで、今日は夏羽のオグロシギをご紹介します。

オグロシギ(Black-tailed godwit)はユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどで越冬。日本では北海道から沖縄までの各地で旅鳥として春と秋に渡来しますが、春より秋の方が飛来数が多いようです。

そんなオグロシギですが、渡り途中に立ち寄ったのか、ウランバートル近郊の湖では10羽ほどの夏羽の群れが浅瀬で採餌していました。

オグロシギ1

そして、しばらく採餌していましたが、その後一斉に飛び出しました。頭部から胸が夏羽特有の鮮やかな赤褐色なのが印象的です・・・

オグロシギ2

オグロシギ3

オグロシギ4

オグロシギ5

そして湖面近くを低空飛翔しながら遠ざかっていきました・・・

オグロシギ6

オグロシギ8

オグロシギ9

大きくトリミングしてみました。飛翔時は白い翼帯と上尾筒、尾羽の黒帯がよく目立ちます・・・

オグロシギ11

オグロシギ10

日本では春よりも秋に見られることが多く、夏羽の美しい姿を見ることが少ないオグロシギですが、今回は偶然にもその美しい夏羽の群れを見ることができ、なんだか得をしたような気分になりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる