アカツクシガモ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本でも人気のあるアカツクシガモをご紹介します。

アカツクシガモ(Ruddy shelduck)はユーラシア大陸中部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸南部、中国、朝鮮半島などへ南下し越冬。日本では数少ない冬鳥として各地に渡来しますが、東北地方以北では稀なようです。

ウランバートル郊外の池で目にしたアカツクシガモ。全体が鮮やかな橙褐色をしておりとても美しいカモです。左の個体は頸に黒い頸輪があることからオス。右側は頸輪が見られないことからメスと思われます。

アカツクシガモ1

左側の個体は不鮮明な頸輪が見られることから夏羽に換羽中のオスと思われます・・・

アカツクシガモ10

アカツクシガモ12

アカツクシガモ13

池の畔で休んでいたアカツクシガモ。

アカツクシガモ11

こちらは遠くの山をバックに飛翔するアカツクシガモ。被写体が遠く、あまり鮮明ではありませんが、翼を広げると、橙赤色の上・下面に、黒色の風切、緑色光沢の翼鏡、白色の雨覆などを確認することができます・・・

アカツクシガモ2

アカツクシガモ3

アカツクシガモ4

アカツクシガモ5

日本では数少ない冬鳥として渡来するアカツクシガモですが、さすが繁殖地であるモンゴル、訪れた先々では至るところでその美しい羽色を楽しむことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる