アカハシハジロの大群

モンゴルシリーズの続きで、今日はこちらも日本では大変人気のあるアカハシハジロをご紹介します。

アカハシハジロ(Red-crested pochard)はヨーロッパ西部の局所および黒海周辺から中国北西部にかけて繁殖し、冬季は中近東、インド、北アフリカに渡り越冬。日本には稀な冬鳥として渡来しますが、ほとんどがオスの記録で、メスの記録はごくわずかだそうです。

モンゴル西部のオブス湖で目にしたアカハシハジロの大群。被写体までは距離がありあまりはっきりとはしませんが、頭部が赤褐色で独特の形をしたたくさんのオスを確認することができます。

アカハシハジロ5

アカハシハジロ4

しばらくすると、この大きな群れが一斉に飛び出しました。よく見ると嘴が赤く、赤褐色の頭をしたオスが大部分ですが、その中に体全体が灰褐色で、頭部が黒っぽく見えるメスが混じっているのが確認できます。

アカハシハジロ1

アカハシハジロ2

さらにトリミングしてみました。ここに写っているのは全部オスのようです・・・

アカハシハジロ3

今日はオブス湖で目にしたアカハシハジロの大群をご紹介しましたが、当地は繁殖地であるようで、たくさんのアカハシハジロが集結していました。日本には稀な冬鳥として少数が渡来するアカハシハジロですが、さすが繁殖地、いるところにはいるものだと改めて思い知らされました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる