ニシイワツバメ

モンゴルシリーズの続きで、今日はニシイワツバメをご紹介します。

ニシイワツバメ(Common House Martin)はヨーロッパからユーラシア大陸北部一帯で繁殖し、冬季はアフリカ南西部、東南アジア
にわたり越冬。日本では稀な旅鳥として、主に春の渡りの時期に日本海の島嶼を中心に記録があるようです。そんなニシイワツバメですが、今回訪れたモンゴルは繁殖地であり、オブス湖近くの池では多くのツバメ類に混じって飛翔するニシイワツバメを目にすることができました。

水面近くにいる虫を捕食するため飛び交っていたニシイワツバメ。よく似たイワツバメに比べ、紺色の光沢があり、腰や体下面が白色で、尾の切れ込みも深いのが特徴のようです。

ニシイワツバメ1

特徴である白色の腰、体下面がよく分かります・・・

ニシイワツバメ2

ニシイワツバメ3

ニシイワツバメ4

ニシイワツバメ5

今日は日本では稀な旅鳥ニシイワツバメをご紹介しましたが、実は日本に渡来するのは亜種ニシイワツバメ(Delichon urbicum lagopodum)とされており、今回、我々がモンゴルで目にした亜種Delichon urbicum urbicumは尾の切れ込みがより深く、上尾筒はやや光沢のある黒色をしているそうです。次回は是非、日本で記録のある亜種ニシイワツバメに出会ってみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる