夏羽のハジロクロハラアジサシ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも旅鳥として渡来するハジロクロハラアジサシをご紹介します。

ハジロクロハラアジサシ(White-winged Black Tern)はヨーロッパ南東部から中央アジアにかけてと中国東北部で繁殖し、冬季はアフリカ、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなどに渡り越冬。日本には旅鳥として全国各地で記録がありますが、稀に越冬記録もあるようです。

そんなハジロクロハラアジサシですが、ここモンゴルは繁殖地のようで、訪れた各地でその姿を目にすることができました。

オラーンゴム近郊の大きな池の上空を飛んでいたハジロクロハラアジサシ。被写体まではかなり距離があり、目いっぱいトリミングしています。

ハジロクロハラアジサシ2

ハジロクロハラアジサシ3

こちらはウランバートル近郊の大きな池で目にしたハジロクロハラアジサシ。こちらも大きくトリミングしていますが、何とか夏羽の特徴である頭部から体上面、体下面、下雨覆の黒色部分を確認することができます。

ハジロクロハラアジサシ5

ハジロクロハラアジサシ6

ハジロクロハラアジサシ7

ハジロクロハラアジサシ8

ハジロクロハラアジサシ10

獲物を見つけたのか、飛び込む姿勢を見せました・・・

ハジロクロハラアジサシ9

日本でも大変人気のあるハジロクロハラアジサシですが、さすが繁殖地であるモンゴル、遠くではありましたがその特徴ある夏羽を目にすることができました。でき得れば次回はもう少し間近でその美しい夏羽を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる