イワスズメ

モンゴルシリーズの続きで、今日はイワスズメをご紹介します。

イワスズメ(Rock Sparrow)はイベリア半島や北西アフリカから南ヨーロッパ、中央アジアにかけての不毛な岩場で繁殖するスズメ目の小さな鳥で、生息域の西の方に多くが生息しているそうですが、アジアのものは冬季、より南方に渡りを行うそうです。

ウランバートル近郊の草原地帯を横切る線路の柵に止まっていたイワスズメ。イエスズメのメスにも似ていますが、全体的にずんぐりとした体格で、白色の眉斑と頭頂に薄い縞模様を持ち、背中と翼には茶色の柄があり、体下面には縞状の縦斑があるのが特徴のようです。

イワスズメ1

イワスズメ5

イワスズメ6

イワスズメ7

こちらはウランバートル近郊のキャンプ地で目にしたイワスズメ。イワスズメはどうやら不毛な岩場だけでなく人間の居住地でも見られるようで、壁の割れ目などに巣を作るそうです。

イワスズメ2

イワスズメ4

イワスズメ3

今日は日本では記録のないイワスズメをご紹介しましたが、近年、その系統が明らかにされ、スズメ科の親世代に当たる種であることが分かって来たそうです。ということは、お馴染みのスズメやニュウナイスズメ、日本ではレアなイエスズメなどの先祖ということになるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる