コウライバト

モンゴルシリーズの続きで、今日はまだ日本では記録のないコウライバトをご紹介します。

コウライバト(Hill pigeon)は、ロシア、カザフスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、モンゴル、中国、北朝鮮、韓国などに布するハトの仲間で、本来は英名のように比較的標高の高い山地で生息しているそうですが、韓国などでは低地でも見ることができるようです。

ウランバートル近郊の国立公園のホテル横で目にしたコウライバト。ちょっと見には日本でも普通に見られるドバト(カワラバト)とよく似ていますが、尾羽基部が灰黒色で次いで白色の帯、先端が黒色の帯というパターンになっているのが最大の特徴です。最初は普通のドバトと思い気に留めませんでしたが、ガイド氏からそう言われ、慌ててシャッターを切りました・・・

コウライバト4

コウライバト5

コウライバト6

コウライバト7

コウライバト8

横から見たところ。カワラバトを家禽化したドバトに比べると、羽根の模様が一定しており、すっきり見えます・・・

コウライバト9

コウライバト10

コウライバト3

コウライバト1

コウライバト2

今日は初見のコウライバトをご紹介しましたが、普段見慣れた家禽化されたドバトに比べ、こちらは純系の自然種であり、何となく気品が感じられます。まだ、日本では記録がないようですが、お隣の韓国までは分布していますので、いつの日か日本でも見られる日がやってくる可能性もなくはないですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる