夏羽のユリカモメ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本でもお馴染みのユリカモメをご紹介します。

ユリカモメ(Black-headed gull)はユーラシア大陸北部やイギリス、アイスランドなどで繁殖し、冬季は南下しヨーロッパ、アフリカ、インド、東南アジア、北アメリカ東海岸へ渡り越冬。日本では冬鳥として北海道から南西諸島まで海岸や河川、沼地などに広く渡来し、小型のカモメ類の大半が本種であるそうです。

オブス湖近くの湿地で目にした夏羽のユリカモメ。さすが繁殖地であるモンゴル、英名のように黒色(濃い焦茶色)の頭が魅力的です。

ユリカモメ8

当地にはよく似たゴビズキンカモメやチャガシラカモメが生息している可能性があり、頭の黒い小型カモメについては翼の黒色部の模様に注目して観察しましたが、残念ながら今回目にしたのはユリカモメだけでした。

ユリカモメ1

湿地の上を飛び回っていたユリカモメ。

ユリカモメ2

ユリカモメ4

ユリカモメ6

ユリカモメ7

ユリカモメ5

ユリカモメ3

さすが繁殖地であるモンゴル、今回は美しい夏羽のユリカモメを見ることができましたが、次回は是非、ゴビズキンカモメやチャガシラカモメにも出会いたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる