アメリカコアジサシとコアジサシ

昨日の続きで、今日はコアジサシ(Little tern)の繁殖地で目にしたアメリカコアジサシ(Least Tern)とコアジサシをご紹介します。

最初はコアジサシに求愛給餌しようとしたのか、ボラのような魚を咥えてやって来たアメリカコアジサシ(右側)です。翼上面の初列風切の外側3枚が黒色なのではっきりと識別できます。

アメリカコアジサシ20

そんなアメリカコアジサシに対し、左側のコアジサシは何となく無視しているように見えます

アメリカコアジサシ21

アメリカコアジサシ22

アメリカコアジサシは給餌をあきらめたのか・・・

アメリカコアジサシ23

遠ざかっていきました・・・

アメリカコアジサシ24

アメリカコアジサシ25

こちらはその近くで求愛給餌行動をしていたコアジサシのペア。こちらはメスのほうがかなり反応していました。

コアジサシ1

コアジサシも初列風切外縁だけは黒色ですが、外側3枚がはっきりとした黒色のアメリカコアジサシとは随分違いがありますね。

コアジサシ2

コアジサシ3

今日はコアジサシの繁殖地で目にしたアメリカコアジサシとコアジサシをご紹介しましたが、ここではそれぞれ別種であるアメリカコアジサシがコアジサシに求愛活動をしているようにも見受けられる行動も目にすることができました。アジサシの仲間は交雑の多いカモメ類と同じカモメ科ですので、比較的交雑ができやすいとも考えられ、そうなると、もしペアリングが成功した場合、ハイブリッドが誕生する可能性もあるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる