ヨーロッパコマドリ

少し前になりますが、中欧4ヵ国(チェコ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー)の観光ツアーに参加してきました。観光がメインで自由時間は限られていましたが、そんな中、公園などで鳥見をしてきましたので、今日からしばらくの間、当地で目にした鳥たちをご紹介します。

最初はヨーロッパコマドリです。

ヨーロッパコマドリ(European Robin)はヨーロッパ全域のほか、シベリア西部、カフカース、アルジェリア、大西洋上のアゾレス諸島、マデイラ諸島まで広く分布するヒタキ科の鳥で、日本では迷鳥として北海道、飛島、千葉県、奈良県、舳倉島で記録があるのみという珍鳥です。

そんなヨーロッパコマドリですが、ツアー前半は全く見ることができず今回は出会えないことも覚悟しましたが、後半に入りようやくその美しい姿を目にすることができました。

オーストリアのハルシュタット湖畔で目にしたヨーロッパコマドリ。ヨーロッパコマドリは全部で10亜種に分けられるそうですが、ヨーロッパ大陸で見られるのは基亜種(E. r. rubecula)だそうで、昨年、イギリスで見た亜種(E. r. melophilus)に比べると胸の赤橙色は弱く、上面は灰色がかった褐色をしていました。

ヨーロッパコマドリ9

ヨーロッパコマドリ10

ヨーロッパコマドリ11

インスブルックの公園で目にしたヨーロッパコマドリ。この個体は胸の赤橙色が鈍い色をしており、腹も暗灰色をしていることから
まだ若い個体と思われます。

ヨーロッパコマドリ1

ヨーロッパコマドリ2

こちらも同じ公園で目にしたヨーロッパコマドリ。

ヨーロッパコマドリ8

ヨーロッパコマドリ3

ヨーロッパコマドリ4

ヨーロッパコマドリ5

ヨーロッパコマドリ7

昨年のイギリスに続いて、再びヨーロッパコマドリを目にすることができましたが、今回いろいろ調べた結果、ヨーロッパコマドリは地域により10亜種に分けられるそうで、ひとくくりにヨーロッパコマドリとは言えないことが分かりました。今まで日本で記録のあったヨーロッパコマドリは亜種不明とのことですが、いったいどんな亜種がやって来たのでしょうか? 興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる