クロウタドリ

中欧シリーズの続きで、今日はヨーロッパ全土でごく普通に見られる鳥、クロウタドリをご紹介します。

クロウタドリ(Common blackbird)はヨーロッパ全土、アフリカの地中海沿岸から中近東、インド、中央アジア南部、中国東南部、オーストラリア東南部、ニュージーランドに生息していますが、オーストラリア、ニュージーランドの個体は人為的に持ち込まれたものが増えたと言われています。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として、北海道から沖縄県まで記録があり、特に南西諸島での記録が多いようです。

ツアー中、何度も目にしたクロウタドリ。体長約28cmとツグミ属では大型で、オスは名前のように黒い体に、黄色い嘴と眼の周囲の黄色が印象的です。

クロウタドリ6

クロウタドリ2

クロウタドリ1

クロウタドリ3

クロウタドリ4

クロウタドリは和名のように美しい鳴き声で知られていますが、早朝、公園などでは至る所で美しい歌声を奏でていました。

クロウタドリ8

クロウタドリ7

こちらはオスに比べて体色が淡く、嘴や眼の周囲の黄色部分が目立たず、胸に暗褐色の縦斑があることからメスと思われます。

クロウタドリ5

こちらは水場にやって来たクロウタドリの幼鳥。全体に暗褐色で背や肩羽、体下面には淡褐色の斑が見られます。

クロウタドリ10

クロウタドリ11

クロウタドリ20

その鳴き声の美しさからかヨーロッパでは春の訪れを感じさせる鳥として知られ、スウェーデンでは国鳥にもなっているクロウタドリですが、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として人気の鳥でもあります。今回のツアーでは訪れた各地で幾度となく見ることができ、その美しい姿と歌声を堪能してきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる