カササギ、カケス

中欧シリーズの続きで、今日は何れもカラス科の鳥、カササギとカケスをご紹介します。

最初は滞在中、何度も目にしたカササギです。

カササギ(Eurasian magpie)はヨーロッパから中央アジア、極東にかけて広く分布し、全体で11亜種に分類されています。日本では北ミャンマーから東中国、北インドシナにかけて分布する亜種カササギ(Pica pica serica)が留鳥として九州北西部に局地的に生息していますが、近年、福井県や石川県、富山県、新潟県、山形県、北海道など、港を中心とした狭い範囲で繁殖する例が増えているようです。

プラハ近郊の公園で目にしたカササギ。当地のカササギはブリテン諸島、南スカンジナビアから東欧、小アジアにかけて分布する亜種Pica pica picaと思われます。見た目には、頭部から背以下の上面、腮から胸、尻から下尾筒は黒色で、翼は青色、尾には紫、緑、青などの金属光沢があり、日本で見られる亜種カササギと大変よく似ていました。

カササギ3

カササギ4

カササギ1

カササギ2

カササギ6

カササギ5

次は日本でもお馴染みのカケスです。

カケス(Eurasian jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて広く分布していますが、留鳥性が強いため亜種が多く、全体で8グループ33亜種に分類されているそうで、日本では、①本州、四国、九州、対馬に分布する亜種カケスのほか、②北海道に分布する亜種ミヤマカケス、③佐渡島に分布する亜種サドカケス、④屋久島に分布する亜種ヤクシマカケスの4亜種が分布しています。

プラハのホテル中庭で目にしたカケス。今回目にしたのはヨーロッパグループに属する9亜種のうちの一つと思われます。額から後頭にかけて褐色で、黒色の顎線がありますが、日本の亜種カケスのような眼先の黒色部分がなく、少し優しい感じがします。

カケス1

あまり人を恐れないようで、しばらく枝にとまってサービスしてくれました・・・

カケス2

カケス3

今日は何れもカラス科の鳥、カササギとカケスをご紹介しましたが、海外でこのような留鳥性の鳥を見るにつけ、その亜種名について調べることになります。体系だった資料が少なく調べるのは面倒ですが、半面大変勉強にもなります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる