亜種チョウセンチョウゲンボウ

今日まで長々と中欧シリーズにお付き合いいただきありがとうございました。シリーズの最後に今日は亜種チョウセンチョウゲンボウと思われる個体をご紹介します。

チョウゲンボウ(Common kestrel)はユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布し、全部で10亜種に分類されてますが、寒冷地で繁殖した個体は冬季に南方へ渡り越冬することが知られています。日本では亜種チョウゲンボウが主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥としてやって来ますが、近年繁殖地が南下傾向にあるようです)しているほか、ヨーロッパ、北アフリカ、中東、アジアの温帯地域で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウが冬季、稀に渡来することが知られています。

世界で最も美しい街の一つと言われるチェコのチェスキークロムロフで目にした亜種チョウセンチョウゲンボウのオスと思われる個体。背、雨覆、風切の一部は明るい茶褐色で、黒褐色の斑は亜種チョウゲンボウより小さく少ない感じがします。

チョウゲンボウ1

チョウゲンボウ2

チョウゲンボウ3

その後、上空に飛び出しホバリングしていました・・・

チョウゲンボウ4

チョウゲンボウ5

チョウゲンボウ6

こちらはウイーンのホテル近くで目にした亜種チョウセンチョウゲンボウのオス。この一帯を縄張りにしているようで、2日間同じ場所で目にしました。

チョウゲンボウ10

チョウゲンボウ11

中欧シリーズの最後に、亜種チョウセンチョウゲンボウと思われる個体をご紹介しましたが、最初見た時には普通の亜種チョウゲンボウと思いましたが、後で調べると亜種チョウセンチョウゲンボウであることが分かり、急に有難味が増してきました。海外においては、留鳥性の高い鳥は亜種である可能性が高いため、見慣れた鳥と馬鹿にせずしっかり見ておくことが大切であることを改めて感じた次第です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる