カササギ

モンゴルシリーズの続きで、今日は滞在中、何度も目にしたカササギをご紹介します。

カササギ(Eurasian magpie)はヨーロッパから中央アジア、極東にかけて幅広く分布し、日本では留鳥として九州北西部に局地的に生息しますが、近年、福井県や石川県、富山県、新潟県、山形県、北海道など、港を中心とした狭い範囲で繁殖する例が増えているようです。

ウランバール市内の荒れ地で目にしたカササギ。当地のカササギは中央ロシアからイラン、北インド、モンゴルにかけて分布する亜種(Pica pica bonaparte)と思われますが、見た目には、頭部から背以下の上面、腮から胸、尻から下尾筒は黒色で、翼は青色、尾には紫、緑、青などの金属光沢があり、日本で見られる亜種カササギ(Pica pica serica)と大変よく似ていました。

カササギ11

カササギ9

人馴れしているのか、すぐ近くまでやって来てくれました。

カササギ10

こちらはウランバートル郊外の池で目にしたカササギ。水辺が好きなようで、池や河川の近くでは必ずと言っていいほどカササギの姿を見ることができました。

カササギ1

池の上を飛翔するカササギ。

カササギ2

カササギ3

カササギ4

カササギ5

今日は滞在中各地で目にしたカササギをご紹介しましたが、留鳥であるカササギはモンゴル全土に広く分布しているようで、今回最も出会いの多かった鳥かも知れません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる