夏羽の残るオグロシギ

昨日の続きで、今日はまだ夏羽の残るオグロシギをご紹介します。

オグロシギ(Black-tailed godwit)はユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどで越冬。日本では北海道から沖縄までの各地で旅鳥として春と秋に渡来しますが、春より秋の方が飛来数が多いようです。

そんなオグロシギですが、サルハマシギやエリマキシギ、コアオアシシギなどと一緒に地元の沼地に立ち寄ってくれました。水の中に入り、餌を探していたオグロシギのオス。頭部から胸にかけて赤褐色みがあり、まだ夏羽がかなり残っていました。

オグロシギ1

オグロシギ3

コアオアシシギ、サルハマシギと一緒にいたオグロシギ。

オグロシギ4

こちらはエリマキシギ、コアオアシシギと一緒のオグロシギ。

オグロシギ5

サルハマシギと一緒のオグロシギ。

オグロシギ13

羽根を広げると、名前の由来となった黒い尾羽がよく分かります・・・

オグロシギ14

コアオアシギやエリマキシギと一緒に飛翔するオグロシギ。ここでも尾羽の黒帯がよく目立ちます・・・

オグロシギ6

オグロシギ7

オグロシギ10

先日訪れたモンゴルでは夏羽の美しい個体を見ることができたオグロシギですが、今回は地元でまだ夏羽が色濃く残る個体を見ることができました。やはりオグロシギは夏羽がいいですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる