群れでやって来たコアオアシシギ

昨日の続きで、今日はオグロシギなどと一緒に群れで行動していたコアオアシシギをご紹介します。

コアオアシシギ(Marsh Sandpiper)は主にロシア南部から中央アジアにかけての地域で繁殖するほか、中国東北部でも局地的に繁殖し、冬季はアフリカ中部から南部、インド、東南アジア、オーストラリア等に渡り越冬。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に渡来しますが、本州以南では越冬する個体もいるようです。

沼の浅瀬で群れで行動していたコアオアシシギ。細く尖った嘴と黄緑色の細長い足が特徴です。

コアオアシシギ1

上面には黒褐色の軸斑が目立つことから、多くは幼羽ではないかと思われます。

コアオアシシギ3

コアオアシシギ4

飛び上がると足の長さがよく分かります・・・

コアオアシシギ5

コアオアシシギ6

コアオアシシギ7

オグロシギ、サルハマシギと一緒のコアオアシシギ。

コアオアシシギ8

コアオアシシギ9

コアオアシシギ10

コアオアシシギ2

サルハマシギとのツーショット。この個体も上面には黒褐色の軸斑が目立つことから幼羽と思われますが、肩羽が白っぽい冬羽に換羽中です。

コアオアシシギ12

今日はオグロシギなどと共に群れで行動していたコアオアシシギをご紹介しましたが、昨年、別の蓮田で見たコアオアシシギ約30羽の群れもオグロシギと行動を共にしていました。オグロシギとコアオアシシギの繁殖地はかなり重なっていることから考えると、ひょっとすると両者は一緒に渡ってきている可能性があるかもしれませんね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる