ハリオハチクイ

昨日の続きで、今日は同じくハチクイの仲間、ハリオハチクイをご紹介します。

ハリオハチクイ(Blue-tailed bee-eater)は東南アジアで繁殖し、冬季インドなどに渡り越冬するハチクイで、英名のように尾が鮮やかな青色で、中央尾羽1対が細長く突き出ており、先端は針のように細く尖っているのが特徴です。体長は約24cmほどですが、中央尾羽を入れると31cmほどの長さだそうです。

カオヤイ国立公園の西側に位置する陸軍士官学校の敷地内で目にしたハリオハチクイの成鳥。喉が鮮やかな褐色で、頭から背、胸は淡い褐色で、中央尾羽の先端は尖って見えます・・・

ハリオハチクイ1

ハリオハチクイ2

ハリオハチクイ3

今回、タイで目にしたハチクイ科の鳥は、今までご紹介したアオムネハチクイ、ミドリハチクイと今回のハリオハチクイの3種でしたが、さすがブッポウソウ目の鳥、いずれのハチクイも羽衣が光沢ある輝きを放ち、魅力的な鳥ばかりでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる