キタカササギサイチョウ

タイシリーズの続きで、今日はキタカササギサイチョウをご紹介します。

キタカササギサイチョウ(Oriental pied hornbill)はインドから東南アジア全域ににかけて広く分布するブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属の鳥で、体長は約69cmとアジアで生息するサイチョウの中ではでは最も小型です。なお、日本では生息していないサイチョウの名前ですが、嘴の上に角状突起があり動物のサイ(犀)の角に似ていることから名付けられています。

バンコク近郊のカオヤイ国立公園で目にしたキタカササギサイチョウのペアー。右側の嘴の上の角状突起の大きいほうがオスで、左側の小さいほうがメスです。

キタカササギサイチョウ4

ペアーで何やらコミュニケーションをとっているように見えます・・・

キタカササギサイチョウ2

キタカササギサイチョウ1

キタカササギサイチョウ3

キタカササギサイチョウ5

しばらく様子を見ていましたら、突然オスのほうが飛び出していきました・・・

キタカササギサイチョウ6

キタカササギサイチョウ7

キタカササギサイチョウ8

東南アジアのサイチョウの中では最も目にする機会が多いと言われるキタカササギサイチョウですが、和名の由来は見た目がカササギに似ていることから、英名は遠目でみると全体が白黒のまだら模様に見えることから命名されたと思われますが、眼の周りには太いアイリングがあるため、体の大きい割にはとても愛嬌顔に見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる