インドコキンメフクロウ

タイシリーズの続きで、今日はインドコキンメフクロウをご紹介します。

インドコキンメフクロウ(Spotted owlet)はイラン、パキスタン、インドからミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナムにかけて分布する体長約21cmの小型のフクロウで、英名は体に白斑が見られることから、和名は虹彩が金色の小型のフクロウであることから名付けられているようです。

こちらは別の寺院の境内で目にしたインドコキンメフクロウ。体長は21cmと小型ですが、ふっくらとしているため、それなりに存在感があります・・・

インドコキンメフクロウ3

インドコキンメフクロウ4

インドコキンメフクロウ1

いるのは1羽だけかと思いましたが・・・

インドコキンメフクロウ2

飛んだ先には番でしょうか?2羽で仲良く並んでいました。

インドコキンメフクロウ6

インドコキンメフクロウ7

昨年訪れたインドでも目にしたインドコキンメフクロウですが、分布域により5亜種に分類されており、今回、当地で目にした亜種はミャンマーから、タイ、カンボジア、ベトナムにかけて生息する亜種Athene brama pulchraで、インドで目にしたのはインド北部に生息する亜種Athene brama indica と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる