インドトサカゲリ

再びタイシリーズに戻ります。今日は昨年訪れたインドでも目にしたインドトサカゲリをご紹介します。

インドトサカゲリ(Red-wattled Lapwing )は西アジアからインド亜大陸、東南アジアにかけて広く分布するケリの仲間で、英名のように眼の周りから前方にかけて赤く細長い肉垂(にくすい)があるのが特徴です。なお、インドトサカゲリには2亜種あり、西アジアからインド亜大陸に分布する亜種Vanellus indicus indicusと東南アジア東部に分布する亜種Vanellus indicus atronuchalisに分類されています。

カオヤイ国立公園の西側に位置する陸軍士官学校の敷地で目にしたインドトサカゲリの東南アジア亜種。亜種Vanellus indicus indicusが目の後ろの白斑が大きく、頸から胸の白色部に繫がっているのに対し、こちらは白斑が小さく、繫がっていないのが特徴です。

インドトサカゲリ6

インドトサカゲリ7

インドトサカゲリは一般に警戒心が強く、なかなか近くには来てくれませんが、この時は比較的近くに来てくれました。よく見ると特徴である眼の周りから前方にかけての赤く細長い肉垂が確認できます。

インドトサカゲリ8

インドトサカゲリ9

着地の直前、翼を広げてくれました。体上面は白色、黒色、茶色の3色模様でとても美しいです・・・

インドトサカゲリ4

インドトサカゲリ5

こちらはペチャブリー県の塩田近くで目にしたインドトサカゲリ。

インドトサカゲリ3

水面近くを低空飛翔してくれました。

インドトサカゲリ1

インドトサカゲリ2

日本で見られるケリやタゲリと同じチドリ科タゲリ属に属するインドトサカゲリですが、昨年訪れたインドでもそうでしたが、今回のタイでも水辺に行くと必ずといっていいほど目にすることができました。やはりこのような水鳥がごく普通に生息している環境は見ていて大変羨ましく思いました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる