ハジロクロハラアジサシ・・・飛翔(1)

タイシリーズの続きで、今日は日本でも冬鳥として渡来するハジロクロハラアジサシをご紹介します。

ハジロクロハラアジサシ(White-winged Black Tern)はヨーロッパ南東部から中央アジアにかけてと中国東北部で繁殖し、冬季はアフリカ、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなどに渡り越冬。日本には旅鳥として全国各地で記録がありますが、稀に越冬記録もあるようです。

そんなハジロクロハラアジサシですが、ここタイには冬鳥として渡来しているようで、ペチャブリー県の浄水場では水面近くを高速で飛翔する冬羽のハジロクロハラアジサシを何度も目にすることができました。

ハジロクロハラアジサシ3

ハジロクロハラアジサシ4

ハジロクロハラアジサシ7

ハジロクロハラアジサシ8

比較的近くを通過していったハジロクロハラアジサシの冬羽。眼の後方に縦に黒斑があり、側頭の白色部は後頭まで入り込んでいます。

ハジロクロハラアジサシ11

ハジロクロハラアジサシ5

この個体は何かを咥えています。

ハジロクロハラアジサシ12

ハジロクロハラアジサシ14

ハジロクロハラアジサシ9

獲物を見つけたのか、ホバリングしながら水中に嘴を入れました・・・

ハジロクロハラアジサシ10

今年5月には繁殖地モンゴルで真っ黒な夏羽を見ることのできたハジロクロハラアジサシですが、ここタイは越冬地であり、ヘッドホンをつけたような独特の冬羽個体をたっぷり楽しむことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる