アジアレンカク

タイシリーズの続きで、今日は昨年訪れたインドでも目にしたアジアレンカクをご紹介します。

アジアレンカク(Bronze-winged jacana)はインド、東南アジアに分布するレンカクの仲間で、英名のようにブロンズ色の美しい翼が特徴です。

バンコクより南に下ったペチャブリー県の溜池で水草の上を歩いていたアジアレンカクのオス成鳥。鳥までは距離があり、かなりトリミングしていますが、頭から頸、体下面は光沢のある暗緑色で、後頭部にかけた白色の眉斑が目立つほか、ブロンズ色の翼を何とか確認することができます。

アジアレンカク6

アジアレンカク7

アジアレンカク8

アジアレンカク5

羽根を広げてくれました。光が当たればブロンズ色の翼がもっと光り輝いてくれると思うのですが・・・

アジアレンカク4

アジアレンカク1

アジアレンカク2

アジアレンカク3

今日はインドから東南アジアにかけて留鳥として分布するアジアレンカクをご紹介しましたが、このアジアレンカクは日本ではまだ記録がありません。一方、日本には稀な旅鳥または冬鳥として渡来するレンカク(Pheasant-tailed Jacana)はユーラシア大陸南東部(インドから中国まで)、スリランカ、台湾、フィリピンで繁殖し、北方の個体は越冬のためインドネシアやマレーシア等に渡り、その一部が日本にも稀に渡来するものと考えられています。日本に渡来するかどうかは、やはりこの渡りの有無が決め手になるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる