リュウキュウガモ

タイシリーズの続きで、今日はリュウキュウガモをご紹介します。

リュウキュウガモ(Lesser Whistling Duck)はインド、東南アジアでは留鳥で普通に見られ、中国南部や台湾には夏鳥として飛来し繁殖。日本では、かつてその名のとおり琉球諸島に留鳥もしくは夏鳥として分布し、分布地の北限であったそうですが、1963年の慶良間列島での観察例を最後に記録が途絶えています。

昨日のナンキンオシのいた池で目にしたリュウキュウガモ。独特の体形と色彩をしており、体に比べ頭部と眼、嘴が大きく、上面の赤褐色の羽縁が明瞭です。

リュウキュウガモ4

リュウキュウガモ5

リュウキュウガモ6

リュウキュウガモ3

池の上を飛翔するリュウキュウガモ。赤褐色の雨覆と上尾筒が目立ちます・・・

リュウキュウガモ1

飛翔時に尾羽から足が後ろに飛び出していますが、日本産カモ類では本種だけだそうです。

リュウキュウガモ2

リュウキュウガモ7

リュウキュウガモ8

リュウキュウガモ9

かっては琉球列島に分布していたものの、1963年の慶良間列島での観察例を最後に記録が途絶えているリュウキュウガモですが、でき得れば再び日本を訪れ、私達の目を楽しませて欲しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる