ヒタキサンショウクイ

昨日に続き、今日は同じくサンショウクイ科の鳥、ヒタキサンショウクイをご紹介します。

ヒタキサンショウクイ(Bar-winged flycatcher-shrike)はヒマラヤ山脈やインド亜大陸東部からインドネシアまでの南アジアに広く分布し、全部で4亜種に分類されていますが、何れも翼を閉じたときに英名のように翼に長い白斑が出るのが特徴のようです。なお、今回タイで目にしたのは、分布域、特徴から考え、ヒマラヤからタイ、ミャンマー、ラオスに分布する亜種Hemipus picatus capitalisと思われます。

バンコク近郊のカオヤイ国立公園で目にしたヒタキサンショウクイのオスと思われる個体。亜種Hemipus picatus capitalisの特徴である黒褐色の頭部と、灰褐色の背、淡灰褐色の体下面を確認することができます。

ヒタキサンショウクイ1

ヒタキサンショウクイ2

ヒタキサンショウクイ3

ヒタキサンショウクイ4

ヒタキサンショウクイ5

昨日のヒイロサンショウクイに続き、今日はヒタキサンショウクイをご紹介しましたが、ヒイロサンショウクイが体長17~21.5cmで色鮮やかなのに対し、こちらは体長約13cmで色も地味系と対照的でしたが、英名のように翼の長い白斑が印象的で、こちらはこちらで「いぶし銀」のような存在感を放っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる