シロガシラトビ

タイシリーズの続きで、今日は日本でも2014年に石垣島で初めて確認されたシロガシラトビをご紹介します。

シロガシラトビ(Brahminy kite)はインドから中国、東南アジア、オーストラリア、ソロモン諸島に広く分布する体長44~52cmのトビの仲間で、成鳥では和名のように頭部から腹にかけてが白色で、翼から尾羽が鮮やかな茶色であることから、見た目にも大変美しく見えます。

バンコクの南方に位置するペチャブリー県の水田地帯で目にしたシロガシラトビ。白い頭部と茶色の翼との対比が実に鮮やかです。

シロガシラトビ4

シロガシラトビ3

シロガシラトビ5

シロガシラトビ7

上空を旋回してくれました。下から見ても頭から腹にかけてが白色で、淡褐色の翼下面と褐色の尾羽との対比が鮮やかです・・・

シロガシラトビ8

シロガシラトビ9

シロガシラトビ11

シロガシラトビ12

シロガシラトビ13

今日は近年、日本でも記録のあるシロガシラトビをご紹介しましたが、分布域の広いシロガシラトビは全部で4亜種に分類されており、今回、タイで目にしたのは分布域から考え、東南アジアに分布する亜種Haliastur indus indusと思われます。近年、日本で記録のあるシロガシラトビの亜種名についてははっきりしたことが分かりませんが、マレー半島からスンダ列島、スラウェシ島、フィリピン島の島々には亜種Haliastur indus intermediusが分布していることから、分布域から考えるとこちらの可能性が強いのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる