キンイロコウヨウジャク

タイシリーズの続きで、今日はキンイロコウヨウジャクをご紹介します。

キンイロコウヨウジャク(Asian golden weaver)は カンボジア、インドネシア、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムなどの低地の草原、や湿地、耕地などに分布するハタオリドリ科の鳥で、オスでは名前のように全身が鮮やかな金色で、顔から喉にかけて黒色なのが特徴です。

ペチャブリー県の水路わきで目にしたキンイロコウヨウジャクのオス。この場所で営巣しているようで、何度も姿を見せてくれました。

キンイロコウヨウジャク1

キンイロコウヨウジャク2

キンイロコウヨウジャク4

キンイロコウヨウジャク5

キンイロコウヨウジャク6

キンイロコウヨウジャク8

こちらはその近くの草原で目にしたキンイロコウヨウジャクのメス。メスは全身淡褐色で白色の眉斑が目立ちます。

キンイロコウヨウジャク11

こちらは幼鳥と思われる個体。

キンイロコウヨウジャク12

飛び出しました・・・

キンイロコウヨウジャク13

キンイロコウヨウジャク14

今日は日本ではあまり馴染みのないハタオリドリ科の鳥、キンイロコウヨウジャクをご紹介しましたが、聞きなれないハタオリドリ(機織鳥)の名前は草などを編んで、枝から垂れ下がる袋状の巣を作ることから名付けられており、以前訪れたアフリカでは多くの種類を目にしました。今回、久し振りにハタオリドリの仲間を目にすることができ、なんだか懐かしい気がしました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる