ハイイロモリツバメ、アジアヤシアマツバメ

再びタイシリーズに戻ります。今日はハイイロモリツバメとアジアヤシアマツバメをご紹介します。

最初はハイイロモリツバメです。

ハイイロモリツバメ(Ashy woodswallow)はインド、ネパール、スリランカ、タイ、ミャンマー、ラオス、マレーシア、中国などに広く分布する体長16~18cmのモリツバメ科の鳥で、名前のように全身暗灰色で、短くカーブした嘴と短く角ばった尾羽が特徴の地味系の鳥ですが、いぶし銀のような魅力があります。

カオヤイ国立公園で目にしたハイイロモリツバメ。以前ボルネオで目にした日本でも迷鳥として記録のあるモリツバメと同じように、体型的にはずんぐりしています。

ハイイロモリツバメ3

ハイイロモリツバメ2

上空で羽ばたくハイイロモリツバメ。全身暗灰色ですが、尾羽基部だけが白色です。

ハイイロモリツバメ1

体下面はすべて灰色です・・・

ハイイロモリツバメ4

ハイイロモリツバメ5

次はアジアヤシアマツバメです。

アジアヤシアマツバメ(Asian palm swift)はインドからフィリピンに至るアジア南部に分布する体長11~12cmのアマツバメ科の鳥で、名前のようにヤシの葉に巣を作り営巣することが知られています。

バンコク西方に位置するケチャブリー県の農村地帯で目にしたアジアヤシアマツバメ。翼は細長く、尾羽はかなり深く切れ込んでいます。

アジアヤシアマツバメ1

アジアヤシアマツバメ2

今日はタイで目にしたハイイロモリツバメとアジアヤシアマツバメをご紹介しましたが、名前こそツバメの名前がついていますが、それぞれモリツバメ科、アマツバメ科の鳥ということで、ツバメ科の鳥とは全く別物です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる