コシジロヒヨドリ

タイシリーズの続きで、今日は同じくヒヨドリ科の仲間、コシジロヒヨドリをご紹介します。

コシジロヒヨドリ(Sooty-headed Bulbul)は中国南部、東南アジア、ジャワ島などに分布するヒヨドリ科の鳥で、スマトラ島やスラウェシ島などにも移入されており、林縁や薮地、開けた林などを好み、公園や庭園にもよく現れるようです。

バンコクの西方に位置するケチャブリー県の水辺で目にしたコシジロヒヨドリ。留鳥性の強いコシジロヒヨドリは生息域により9亜種に分かれていますが、当地の個体は尾羽基部に黄色斑があることから、タイ中・南東部からラオスにかけて分布する亜種Pycnonotus aurigaster thaisと思われます。

コシジロヒヨドリ6

なお名前の由来ですが、和名は腰が白いことから、英名は頭がすすけた黒色(Sooty-headed)であることから名付けられたものと思われます。

コシジロヒヨドリ8

コシジロヒヨドリ5

コシジロヒヨドリ7

番でしょうか? 仲良く並んでいた2羽。

コシジロヒヨドリ4

コシジロヒヨドリ1

今日はタイ中・南東部からラオスにかけて分布する尾羽基部に黄色斑があるコシジロヒヨドリの亜種Pycnonotus aurigaster thais と思われる個体をご紹介しましたが、昨年訪れたタイ北部では、ミャンマー南東部からタイ北部にかけて分布する尾羽基部が赤色の亜種Pycnonotus aurigaster klossi (次の写真)を目にしました。南北に長いタイではこのようにエリアにより別亜種が分布しており、改めてタイの魅力を感じさせられました・・・

タイ北部の別亜種 Pycnonotus aurigaster klossi 

コシジロヒヨドリ4


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる