カノコバト、ヤマミカドバト

カノコバト

タイシリーズの続きで、今日は同じくハトの仲間で、カノコバトとヤマミカドバトをご紹介します。

最初は近年日本でも記録のあるカノコバトです。

カノコバト(Spotted dove)はインド、スリランカから中国南部と東南アジアまでの南アジアに自然分布していますが、北アメリカやオーストラリア、ニュージーランドなどにも移入され、なかでもオーストラリアやハワイ諸島では野生化しその数を増やしているようです。

夕闇迫る中、カオヤイ国立公園で目にしたカノコバト。頸に白黒の数珠模様があり、英名、和名ともにこの模様から名付けられています。

カノコバト1

カノコバト2

カノコバト3

次はヤマミカドバトです。

ヤマミカドバト(Mountain imperial pigeon)はインドから東南アジア、中国南部にかけて広範囲に分布する体長約43~51cmという大型のハトで、名前からも推察されるように、体が大きく帝王のような風格があります。

同じくカオヤイ国立公園で目にしたヤマミカドバト。こちらも空抜けでかなり露出補正していますが、顔から頸、胸、体下面の灰白色と、背中以降の赤褐色とのコントラストを何とか確認することができます。

ヤマミカドバト2

ヤマミカドバト3

ヤマミカドバト1

なお、ご参考までに、以前ボルネオで撮影した同じ仲間のミカドバトの写真を添付します。ヤマミカドバトは背中以降が赤褐色なのに対し、ミカドバトは美し緑色です。

ミカドバト1

今日はカオヤイ国立公園で目にしたカノコバトとヤマミカドバトをご紹介しましたが、中でもヤマミカドバトはインペリアルピジョンというだけあり、存在感たっぷりでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる